貞松院寺宝紹介

一節切(ひとよぎり)銘笛「乃可勢(のかぜ)」

松平忠輝公ゆかりの銘笛「乃可勢(のかぜ)」
乃可勢は織田信長、豊臣秀吉、徳川家康と
天下人の手を渡り、
死期を予感した家康が自分の生き形見として、
茶阿の方(忠輝の母)を通じて六男の忠輝に送り届けたました。

 

一節切は節が一つしかない縦笛。
尺八よりも短く、陣中に携行したという。
貞松院寺宝紹介

 

 

俳画賛軸 (はいがさんじく)

戸をたてて
  僧は入りけり
    秋の暮れ

 

屈託のない筆致で一気呵成に仕上げた俳画と、
晩年の心境をよく伝えている高尚な発句です。

 

この一軸は、忠輝公の非凡な人格と
才能を知る上で貴重な遺品とされています。

 

文筥(ふばこ)

黒漆塗り中蓋があり、
内面は見事な金梨子地の雲形、
自然に浮き上がるかのように見えます。

 

本蓋の表には堂々とした、三菱紋が中央に一つ、
裏には小紋が二つ気品よく配置され、
いかにも大物忠輝公の人格を感じさせる道具です。
貞松院寺宝紹介

 

天海僧正書状

天海僧正から忠輝公に宛てた礼状です。

 

礼状というからには、
この書状の前に忠輝公から天海に送った
書簡がある訳でです。

 

当時
忠輝公は高島城南の丸に幽閉されており、
他所との連絡や文書のやり取り等、
一切固く禁止されていました。

 

この天海書状の内容から推測されることは、
忠輝公は内密に天海僧正に連絡をとり
幕府に対して自分の赦免の取りなしを
頼んでいたらしいということです。
貞松院寺宝紹介

 

天児(あまがつ)と犬張子

二品とも頼水公夫人の遺品。

 

夫人が家康公のお声がかりで
輿入れされたのが天正11年、
この二品は共にその時の嫁入り道具です。

 

両親の本多康重公夫妻が姫の幸福を祈り、
厄除けと無事を念じて持たせてよこした品です。

 

戦国時代の武将の家庭生活、
特に嫁にやる側の親の愛情を
知るに足る資料として有名です。
貞松院寺宝紹介

 

貞松院寺宝紹介

 

古九谷大鉢

貞松院寺宝紹介

 

五郎八姫の盃(蓬莱の盃)

貞松院寺宝紹介

 

陣羽織

貞松院寺宝紹介

 

陣太鼓

貞松院寺宝紹介

 

茶碗

貞松院寺宝紹介

 

忠輝画賛軸

貞松院寺宝紹介

 

忠輝寄進状

貞松院寺宝紹介

 

忠輝公肖像

貞松院寺宝紹介

 

風炉 銘「破れ」

貞松院寺宝紹介

 

弥陀三尊来迎図

貞松院寺宝紹介

 

溜大棗(朱三葵紋)

貞松院寺宝紹介

 

棗(ナツメ)

貞松院寺宝紹介