News Letter 2017

News Letter 2017

年末恒例の佛名会一千礼拝を12月23日に貞松院本堂にて開催しました。

 

知らず知らず重ねた自分自身の罪障を懺悔(さんげ)し、
五体投地(額と両肘、両膝を地につけて行う最高の礼)の礼拝を行い、
その功徳によって身も心もきれいに なるよう祈念する法要です。

 

今年は県内外から、僧侶7名、一般の方5名の12名の方が
参加していただき、午前九時半から午後5時まで、
200礼を一区切りに5回繰り返し一千礼拝を行いました。

 

結願法要では、明年の世界の安寧と参加者並また、
回向の御依頼のあった
檀信徒のご先祖の御回向と家内安全をご祈願させて頂きました。

 

 

News Letter 2017

 

 

News Letter 2017

 

 

貞松院寺宝の徳本上人大字名号が生誕の地で特別展示

今年、江戸時代の浄土宗の高僧、徳本上人の200回忌に当たり、
生誕の地の和歌山県・日高町で徳本上人を顕彰するイベントが開催されます。

 

 

貞松院寺宝の徳本上人大字名号の特別展示の依頼があり、
下のパンフレットの内容で公開されることとなりました。

 

徳本上人は江戸時代後期の浄土宗の名僧で、
徳本上人は厳しい修行を行いながら

 

南無阿弥陀仏を唱えて日本全国を行脚し、
庶民の苦難を救った江戸時代の念仏行者
で、諸大名からも崇敬を受けた。

 

徳本上人の書かれた「南無阿弥陀仏」の文字は丸みをおび、
終筆がはねあがり、縁起が良いといわれ、徳本文字と呼ばれています。

 

江戸時代信州に来られ、
貞松院に一月近く滞在され多くの人々に布教されました。

 

その際、
「大字名号」と呼ばれる長さ約8メートルにも及ぶ名号を残されました。

 

この名号は「天下の三幅」と呼ばれていましたが、
現存するのは貞松院だけです。

 

多くの方に徳本上人を知って頂けたら幸いです。

 

 

News Letter 2017

 

 

News Letter 2017

7月30日に「乃可勢を中心に一節切を語る」を開催致しました

このイベントは、すわまちくらぶと主催で、信長、秀吉、家康、忠輝と
伝えられた名笛の「乃可勢」をモチーフにしたイベントで、

 

  • 第1回が、7月8日に「my NOKAZEを創ってみよう」で、

    乃可勢のレプリカを創るワークショップをすわまちくらぶで開催。

  • 第2回が、7月23日「my NOKAZEを演奏してみよう」で、

    自分たちの創ったレプリカを演奏してみる
    講習が同じく、すわまちくらぶで開催。

  • 第3回が「乃可勢を中心に一節切を語る」本物の「乃可勢」見学と、

    とそれを模して江戸時代に創られ「秋声」
    の演奏会が行われました。

また、
名古屋市立大学名誉教授の加藤いつみ先生による、
一節切の解説がありました。

 

当日は約40名を超す方々が御来寺いただき、
江戸時代の音色に触れて頂きました。
News Letter 2017

 

News Letter 2017

平成29年度 大施餓鬼会法要が厳修されました

  • 日時 平成29年7月7日(金) 快晴
  • 法話  午後1時より

    大正大学名誉教授、埼玉工業大学客員教授

  • 浄土宗 西福寺住職 宮澤正順上人(先代・山田和雄上人実弟) 

  • News Letter 2017

     

    News Letter 2017
    私たちお寺は浄土宗です。
    amazonからの本「法然と浄土宗」も手にとって読んでみて下さい。

     

     

     

  • 法要  午後2時より
  • News Letter 2017

     

     

    宮坂醸造様 「真澄」の夏のカタログに貞松院庫裡と庭が掲載されました

    宮坂家は江戸時代、松平忠輝公にお酒を献上していた酒蔵です。

     

    真澄

     

    News Letter 2017

     

    よかったらこちらもお試しください、遠方方は楽天にも置いてあります。


     

    「乃可勢を中心に一節切を語る」(諏訪塾vol.24)

    • 日時:7月30日(日)午後1時〜3時30分まで
    • 場所:貞松院本堂
    • 主催:すわまちくらぶ、協賛・貞松院
    • 無料で、参加人数の制限はありません。
    • その他:当日は、加藤いつみ先生(名古屋市立大学名誉教授)の解説と、

      「乃可勢」の展示と尺八奏者の両角粋山師による「秋声」の演奏も予定しています。

    •  

       

      約300名の来寺で賑わった貞松院寺宝展

      • 日時:4月22日(土)AM10:00〜PM4:00
      • 場所:貞松院
      • 内容:昨年は松平忠輝公の遺品を中心に寺宝展を開催致しましたが、

            今年度は諏訪家御廟が国史跡に指定されたこともあり
            関連のある諏訪家初代夫人の貞松院殿様の遺品と
            諏訪家関係の寺宝の35点を公開いたしました。

      本堂での展示解説の様子です。
      News Letter 2017

       

      News Letter 2017

       

      News Letter 2017

       

      展示品の見学の様子です。
      News Letter 2017

       

      News Letter 2017

吉川忠英 貞松院ギターLIVEが開催されました

  • 日時:4月15日(土)開演19時〜
  • 開場:貞松院庫裡

忠英さんのギターと歌、咲き始めた枝垂れ桜と
諏訪の銘酒を多くの方に楽しんでいただきました。


News Letter 2017

 

楽天でも見つけましたが、
もし良かったら聞いてみてください。


関連ページ

News Letter 2016
貞松院は諏訪市街にある浄土宗のお寺で、天然記念物の桜や庭園も素敵です。
News Letter 2015
貞松院は諏訪市街にある浄土宗のお寺で、天然記念物の桜や庭園も素敵です。
News Letter 2014
貞松院は諏訪市街にある浄土宗のお寺で、天然記念物の桜や庭園も素敵です。