新着情報・お知らせ

R2/09/11 貞松院所蔵・徳本上人「大字名号」特別展示について
R2/07/09 施餓鬼法要のダイジェスト版を投稿しましt。
R2/07/07 施餓鬼法要が行われました
R2/06/27 松平忠輝公のテレビ放映について
R2/06/20 お施餓鬼法要のお知らせ
R2/04/02 庭園公開、枝垂れ桜ライトアップは中止しました。
R2/03/20 枝垂れ桜開花状況のお知らせ
R1/12/22 佛名会一千礼拝が行われました。
R1/10/25 佛名会一千礼拝の開催のお知らせ
R1/07/07 お施餓鬼法要を行いました
R2/03/20 枝垂れ桜開花状況のお知らせ
H31/04/23 枝垂れ桜ライトアップと庭園公開を4/22で終了と致しました
H31/04/15 枝垂れ桜ほぼ満開です
H31/04/09 庭園、「延命桜」のライトアップは4/10(水)より開始
H31/04/07 本堂前の枝垂れ桜が開花しました
H31/04/06 吉川忠英ギターライブのお知らせ
H31/03/27 本堂前の枝垂れ桜は蕾です
H31/03/26 ドローンにより貞松院境内の様子を撮影(2018/04)
H30/12/26 鐘楼に「仏足石(ぶっそくせき) 
H30/12/23 佛名会一千礼拝を貞松院本堂にて開催
H30/09/12 諏訪市仏教会の仏教講座が貞松院で開催されました
H30/09/02 永代供養墓地の受付を9月2日より開始いたしました
H30/09/01 永代供養墓地開眼法要を行いました
H30/07 永代供養墓を建立
H30/07 永代供養墓とは

 

貞松院所蔵・徳本上人「大字名号」特別展示について

<公式サイト>貞松院
9月19日(土)〜11月3日(火・祝)まで、長野市立博物館にて

 

第63回 特別展
「生き仏が信濃にやって来た
ー念仏行者徳本を迎えた人々ー」

 

の企画展で貞松院所蔵の徳本上人「大字名號」が特別展示されることとなりました。
<公式サイト>貞松院

 

徳本上人とは

徳本上人は厳しい修行を行いながら南無阿弥陀仏を唱えて日本全国を行脚し、 庶
民の苦難を救った江戸時代中期の浄土宗の念仏行者。

 

庶民はもちろん。皇族・貴族・将軍家・諸大名まで多くの人々の崇敬を集めました。

 

 文化13年(1816)春から秋に掛けて信州全域を巡錫。貞松院には約一月滞在し説法
を行いました。各地に念仏講を起こし、徳本文字と

 

呼ばれる独特の字体で南無阿弥陀佛の名號や名号碑を残しています。

 

 徳本上人は説法に和歌を取り入れたことでも知られています。晩年には小林一茶と
も一緒に北陸地方を旅しており、上人を詠んだ句も

 

14句あります。信州に大変縁のある名僧です。

 

 貞松院には徳本上人天下の三幅(現存するものは貞松院のみ)と呼ばれる長さ約8
メートルにも及ぶ「大字名號」があり、今回特別展示

 

されるこことなりました。

貞松院について 寺宝紹介

貞松院,浄土宗,寺宝,お寺

当院は文禄 2年(1593年)に開山された
浄土宗の寺です。

貞松院,浄土宗,寺宝,お寺

当院所持の宝物の紹介です。

永代供養墓のご案内 アクセス

貞松院,浄土宗,寺宝,お寺

お墓参りができない人に代わって、
お寺が代わりに供養と管理をします。

貞松院,浄土宗,寺宝,お寺

上諏訪駅から下車徒歩15分、
バスは角間橋下車2分、タクシーが便利

 

 

更新履歴
TOPへ